アコム店舗検索でお金を借りるのお役立ちサイトです。

アコム店舗検索でお金を借りる

借入可能か3秒診
断!即日融資もOK


!アコム借り入れはこちら!
当サイトは、アコム店舗検索でお金を借りるための携帯サイトになります。消費者金融会社のアコムを利用するなら是非ご利用下さい。こちらでは店舗・ATMの場所や営業時間、行き方などを調べることが可能です。
借入可能か3秒診
断!女性でも安心

ページTOP

アコムについて

アコムなら急なトラブルでも24時間無料相談に乗ってくれます。接客対応が親切で丁寧なのも人気の理由となっています。そして24時間365日、申込み・借入・返済ができます。お金が必要な時に助かるのがアコムです。どこで借りればいいかわからないときも、お近くにあるのですぐにお金を借りることができます。
ページTOP

アコム店舗・ATM情報等の詳細ページです。アコムは三菱東京UFJグループです。
アコム特徴
等サイトはアコムの借入申込み方法をはじめての人にも解説していきたいと思います。アコムのメリットとしては、原則24時間いつでもお金を借りることが可能で業界でもトップクラスの低金利で融資しています。店舗やATMに行く時間がない場合も24時間365日来店不要でお客さまの登録先銀行口座へ振込みを行います。お金を借りられるか心配な方にも「3秒診断」があるのでまずはチェックすることをおすすめします。
  • アコムは銀行系と比べても安くなっています。
  • パート、自営業、アルバイト、契約社員の方でも契約可能です。
  • 担保や保証人は不要です。今すぐ必要な方!初めての借り入れならアコム!

アコムの借り入れ申し込み
ページTOPの画像から★
≠サの他
◆東日本大震災
被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被災地で復興に向けて頑張っている方、危険な原子力発電施設で作業をされている片方、そして今も継続的な支援を続けている片方、みなさんのひたむきな努力と意志には、頭が上がりません。

ただそのなかで、連日繰り返される政権批判の報道や東京電力の責任追求の報道、ネットの書き込みを見ていて、問題なのは政府や東電だけではなく、我々国民にもあるような気がしています。

大紀町(旧紀勢町)錦は、20年ほど前に原発誘致の話が持ち上がりました。漁村だった錦地区の半数以上は原発反対の姿勢をとりましたが、長年続く漁獲高減少や過疎化、など、経済的には決して豊かではな町民が多数いました。

そんな状況下で、中電から当時の町長候補経由で一世帯当たり数百万の金が流れ、錦地区は原発推進派の町長を擁立することになりました。(その後、となり町の旧南島町の猛反対にあって原発誘致は頓挫ましたが、南島にも相当な金が流れていたようです)

福島原発がある浜通り地区もそう。過疎化にあえぎ、第一次産業の衰退に苦しんだ末に、国や当時の首長の言葉を信じて受け入れたわけです。開発事業やそれに伴う飲食業などなサービス業は、一時期は相当潤ったはずです。原発が建っている地方の田舎は大体似たようなもんです。

原発建設予定地を見て、この景観、自然は絶対に守らないといかん!と、のたまうのは、大抵がそこで生活していない外部の人間です。ほんとに貧しくて苦しいときに、子供の学費が捻出できなかったり、家のローンが返せなかったり、そんなときに目の前にぽんと自由に使えるお金を500万積まれたらみなさんならどうしますか?

絶対にてをつけない、心を動かされないと言い切れる人は、おそらく少数か、まだそういった状況になったこともない幸せな人でしょう。私は正直かなり迷います。お金を受けとるやもしれません。何が言いたいのかというと、震災復興や地域振興を単なる一過性のブームやパフォーマンスにしてほしくないのです。

私は震災への支援もできる範囲ではさせていただきましたが、それよりは、自分の身近な大切ま人達を守りたい。賛否両論あるかと思いますが、それが本音です。地域振興、大切です。だけど、一時の判断を誤ると取り返しのつかないことがあるということを、今回の震災で改めて思いました。
ページTOP

◆義援金・寄付金
日本赤十字社のホームページによると、先週の4月22日(金)時点での義援金総額は1,518億64万481円のようです。4月1日の日記では「最終的には海外からの義援金も含めると1,500億円ぐらいになるかもしれない」と書いたが、このままいくと2,000億円も突破しそうです。
こうした日本赤十字社や中央募金会が集める義援金より、私は被災された各自治体への義援金を呼びかけてきたが、一方で大きな過ちをしていた。気仙沼市のホームページによると、義援金と寄付金の違いを下記のように説明しています。

【義援金】被災者に対する生活支援として活用させていただきます。
【寄付金】市内の災害復旧及び復興事業に活用させていただきます。
つまり、義援金は基本的には被災者個人個人にいくものであり、復興の担い手となる各自治体が使えるお金ではなかったのである。義援金はもちろん大事ではあるが、今後は復興の先頭に立つ各自治体が自由に使える寄付金が大いに必要になるはずである。燃料費、通信費、建設費などいろいろな出費があるだろう。また、臨時職員を雇う必要性もでてくるだろう。その意味では義援金同様に寄付金を送るべきではないだろうか。

そして、被災された自治体も、特に沿岸地域の自治体は義援金口座だけでなく、早急に寄付金の口座を開設していただきたい。
ページTOP

(c)アコム店舗検索でお金を借りる